レッスンについて

レッスンを始めるタイミング

ピアノは早く始めたほうがよい。という記事をネットで見かけますが、
そうは思いません。

2歳3歳のお子さまがピアノを弾くには、まだ打鍵をする指の力はありません。
また、音遊びでしたらできますが、音符を読み、ピアノの鍵盤も見ながら弾くという
2つの動作は難しい作業です。
今なぜこんなことをしているのか理解するにも時間がかかりますので、
結局4歳。5歳から始められた生徒さんと大して差がありません。

当教室でもピアノの習わせたいかたの低年齢化が進んでいます。
小さいうちから音楽に触れさせたいというお声もいただきます。

音楽に触れさせたいならば、
2歳・3歳の小さなお子さまにピアノを習わせるより先に、
まずはおうちの方が、いろんなコンテンツから好きだなと思う音楽をたくさん集め、
(クラシック音楽でオーケストラがおすすめです。)
つけっぱなしのテレビの代わりに聴かせてください。
この曲のここが好きなんだとか、かっこいいとか伝えられたら、
もっと興味を持って聴いてくれると思います。
ずっと同じ曲でもいいのです。
聴いていないようで、聴いています。

そういうところから音感やリズム感、聴く力が育ちます。

それがピアノの演奏へと繋がります。

 

ピアノを始めるということ
たくさんのお稽古事の中でも、
ピアノはハードです。
その場で弾いて終わりではなく、家で練習しなければいけません。
それを生活の中に取り入れる必要があります。
楽器も買わなければいけません。
そのことを心に留めていただけたらと思います。

おうちの方の熱意だけで、
何も興味もないのに
連れてこられたお子さまは、だいたい練習を嫌がります。
(やってみたら面白くなったというお子さまもいますが)
お子さまがピアノを弾きたいという気持ちも大事です。

レッスンでは
ピアノを弾くことだけでなく、音譜を読む練習をしたり、リズム遊びをしたり、
お絵描きしたり、歌を歌ったり……やることはたくさんあります。
お子様の様子を見ながらレッスンの内容を臨機応変に変えていきながら進めていきますので、
ずっと座っていられるか心配されることはありませんが、

・おうちの方のお話を聞くことができないお子さま
(レッスン中おうちの方が一緒にいても、自分の好きなことややりたいことばかりして
全く話を聞く状態ではない)
・鉛筆をもつことができないお子さま
・おうちの方に抱っこしてもらわないといけないお子さまは、
まだ始めるには時期が早いかもしれません。

聴く・感じるが大事です。

聴くことが上手になれば歌も上手になりますし、
小さなお子さまでしたら絶対音感が付く可能性もあります。
また音を聴く力が付くことにより、ピアノの上達にも繋がります。

音を聴きどんな感じか(たとえば、かわいい・かっこいい・こわい・おかあさんみたいなど)感じられるようになるためには、
まず、お話を聞けるようになることが大事です。

そして、おうちの方がここに遊びに来るのではなく、
お稽古に来ているのだということをお子様にお話していただくことです。

→レッスン風景

PAGE TOP